肉食ダイエットで勘違いしやすいこと

肉食ダイエットで勘違いしやすいこと

「ダイエットをするために、肉だけを食べる」というのは、
今までダイエットを行っていた人には、
ちょっと信じがたいものがあるかもしれません。

 

しかしながら、実際にこの肉食ダイエットを実践して、
痩せられた方はたくさんいるようです。

 

では、肉だけ毎日食べれば、痩せるのか?

 

肉を食べるのは肉食動物で、
人間は本来肉食動物です。

 

イヌイット(エスキモー)は年間の食事の9割以上が
動物性のたんぱく質を摂って暮らしています。

 

人間の食の原点と言っても、過言ではありません。

 

このイヌイットは、肉ばかり食べていながら、
なぜか生活習慣病にははなりません。

 

イヌイットが食している肉は「アザラシ」です。

 

では、日本人がアザラシの肉を
毎日食べ続けることができるかというと、
それは難しいでしょう。

 

日本人が毎日食べることができる肉は、
牛や豚、鶏、ラムになるでしょう。

 

肉食ダイエットの基本の考え方は、
肉だけを食べるということではなくて、
糖を摂らない食事をすることがメインです。

 

そして、肉を食べるということは、
たんぱく質を摂るということだ。
ということを、認識することも大切です。

 

人間の体を作るのに重要なたんぱく質をたくさん摂って、
筋肉や骨に変えるための行動をしなければ
何の効果も期待することはできません。

 

肉だけ食べて運動をしなければ、
当たり前の話ですが、太るだけです。

 

しっかりと筋肉を作り、基礎代謝を上げて、
脂肪の燃焼が十分おこなえる体にすることが大切です。

 

日常の生活で体を動かす意識をしましょう。